■ 健光園だより

2016年4月13日

■ リニューアルオープンを迎えられました

 

途中、工事の延長などもあり、皆様には大変ご迷惑、

ご心配をおかけしておりましたが、

去る3月29日に無事、竣工式を執り行わさせて頂き、

リニューアルOPENを迎えることができました。

 

543A9297.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単ではございますが、建替整備事業の経過報告を

させて頂きます。

 

昭和24年(1949年)大本山大覚寺様の多大なご支援のもと、

また、別格本山覚勝院様や地元松田医院様をはじめとする

多くの地域の皆様のご支援のお蔭で、社会福祉法人健光園の

前身である養老施設壽樂(じゅらく)園を現在地で発足しました。

 

昭和37年(1962年)には社会福祉法人健光園と改称し,

その後昭和42年には木造建物を改築し養護老人ホーム健光園

として運営してまいりました。

 

昭和50年(1975年)には特別養護老人ホームを開設し67年に

亘り(わたり)地域住民並びに関係団体や入居者並びにそのご家族、職員

などの協力のもと運営させていただきました。

しかし、健光園の養護老人ホーム及び特別養護老人ホームは既に

老朽化が激しく、居室も多床室の状態でした。

 

その為、平成20年7月(2008年)には特別養護老人ホーム健光園

の多床室解消を目的として、特別養護老人ホーム「はなぞの」を開設し、

13名の特養の入居者の住み替えにより、特別養護老人ホーム健光園

の定員を70名から50名に変更いたしました。

 

その後、平成22年9月(2010年)には、特別養護老人ホームの定員を

30名定員へ変更し、更に、23年3月には養護老人ホームの定員を50名

から40名へ定員を変更することで、現在地における施設整備を視野に入れ、

施設規模の縮小を実施いたしました。

 

また、平成24年(2012年)には、「健光園あらしやま」を開設し、特別養護

老人ホームとデイサービスを始めとする在宅サービスの機能を移転しました。

 

そして、平成25年(2013年)には、養護老人ホームの老朽化および

多床室解消を主な目的とした、養護老人ホーム「健光園建替整備助成事業」

を京都市と協議を進め、施設整備計画に着手するに至りました。

 

その経過は以下の通りです。

 

平成25年1月(2013年)「養護老人ホーム健光園」新築立替工事について

京都市長寿福祉課と事前相談を行いました。

 

・建築場所  京都市右京区嵯峨大覚寺門前六道12番地他 

 第1種低層住居専用地区、第2種風致地区、建蔽率30%、容積50%、

 高さ制限10m規定地区。

・実施事業  養護老人ホーム40床

 京都市地域包括支援センター

  訪問介護サービス

  通所介護サービス(定員10名)

 配食サービス

 京都市子育て支援活動いきいきセンター(つどいの広場)

 の6事業です。

 

平成25年 6月(2013年) 京都市と「養護老人ホーム健光園」

新築立て替え工事における社会福祉施設整備補助事業に関する協議を

始めました。 

 

平成26年 5月(2014年) 建築設計・監理業務受託事業者契約 を

株式会社ゆう建築設計事務所と行いました。

 

平成26年11月 建築確認済証交付

平成26年11月 建築工事業者入札(入札参加業者6社)を実施しその結果

平成26年12月 建築工事業者契約を 大和リース株式会社と行いました。 

    ①    工事名 社会福祉人 健光園(さが)リニューアル工事  

    ②    工事場所 京都市右京区嵯峨大覚寺門前六道12番地他

    ③    建物用途 養護老人ホーム40床、京都市地域包括支援センター

       訪問介護サービス、通所介護サービス、 配食サービス

       京都市子育て支援活動いきいきセンター(つどいの広場)

    ④    敷地面積 4,272.82㎡  

    ⑤    建築面積 1,061.50㎡

    ⑥    延床面積 1,904.10㎡

    ⑦    構造   鉄骨造 地下1階地上2階建て 

    ⑧    契約金額 6億7930万円

 

平成27年1月(2015年)  土公供(起工式)を執り行いました。

 

平成27年2月   旧特養棟の解体工事着手を着手

 

平成27年3月   本体工事を着手

 

平成28年3月29日(2016年) に 竣工式を迎えました。

 

そして、既存の建物の解体工事および「自由広場」を含む外構整備工事の完成は

秋を予定しています。

 

 

ここまで多くの皆様のご理解、ご協力を得ながらやってこられました。

今後ともご指導、ご鞭撻頂きますよう、

お願い申し上げます。

 

 

 

 

メインページ