■ 京都市桃山地域包括支援センター(高齢サポート・桃山)

イメージ

地域包括支援センターの専門職員には、地域ケアの専門スタッフである保健師、相談援助の専門家である社会福祉士、経験豊かな主任ケアマネジャーらが、「介護予防、地域のネットワーク作り、成年後見制度の紹介、虐待の早期発見」など、それぞれの専門分野を生かし互いに連携を取りながら、「チーム」で総合的に地域の皆さんを支えます。

暮らしの中の不安や危険を解決するため、地域包括支援センターには専門職員が地域に出かけていき、自宅に訪問をして、地域のつながりづくりなどをしています。

電話番号 075(605)4707
F A X 075(605)4708
担当学区 桃山学区、桃山南学区、桃山東学区
主な業務
  1. 総合相談・支援事業
  2. 虐待防止・早期発見、権利擁護
  3. 介護予防マネジメント事業
  4. 包括的・継続的ケアマネジメント支援事業
専門職 3人の専門職が、各専門分野の視点から連携し、一体的に支援を行います。
  1. 主任ケアマネージャー
  2. 保健師(又は経験のある看護師)
  3. 社会福祉士